2014年 02月 28日 ( 1 )

原発性アルドステロン症

原発性アルドステロン症聞きなれない病名ですが、先日オイラはこの病気だと主治医の先生から診断されました。
血圧が高くて降圧剤は10年以上飲み続けているのですがなかなかコントロールできずにいたところ、去年血液中のカリウムが異常に少ないのが解り、半年かけて様々な検査の結果の診断なのであります。

ネットでこの病気のことを調べてみましたが、現れる症状は高血圧、カリウム低下、多尿、筋力低下、脚つり等思い当たる節ばかりです。最近頻発してるぎっくり腰も筋力の低下が主な原因らしいです。

手術によって治る病だそうですし、その結果血圧の薬は飲まなくてもよくなる可能性が高いとのことです。
ほおっておくと一生血圧の薬を飲まなくてはならないし、カリウムを多く消費する筋肉が衰えて悪くすると四肢麻痺に至ってしまう恐れもあるとのこと。実際、先生曰く「今のカリウム量では歩くのがやっとのはず。自転車等で運動できるのが不思議」なのだそうです。

いずれ手術の必要があるのかとは思いますが、手術の場合一ケ月程の入院が必要とのこと。緊急性は少ないので仕事や家庭の事情を考慮して今後の事を相談しましょうとのことです。

一ケ月かぁ?お祭りや自転車のこと考えると悩ましいなぁ。。。。
by yjj7top | 2014-02-28 23:23 | オヤジ日記