2010年 10月 20日 ( 1 )

新規格の橦木制作

先日ある祭連の先輩より、鉦を叩く撞木のアドバイスがあり、その助言を参考にして撞木を製作することにしました。
助言とは、オイラの使っている鉦は大変肉厚の暑い鉦であり、その鉦に撞木が負けているというものでした。
つまり、撞木の頭をもう少し大きくして、柄も強くしてやるともっと良い音が出るということ
早速実行しました

ストックしてある鹿の角の太い部分(今までは太すぎて使えなかった部分)を加工して大きな頭を作ります色々な形を試作
b0074601_23183125.jpg

負けない強い柄(しなりの少ない)を造ります
b0074601_23192176.jpg

繋げて接着。ほぼ完成
b0074601_23203794.jpg

今まで使っていた撞木(上)と比べると大きさの違いが解ります
大きすぎたかな・・・?
b0074601_23214443.jpg

室内での演奏ではうるさ過ぎるほど大きな音が出るようになりました。
大江戸パレードではこれを使おうかと思います^^v

にほんブログ村 その他生活ブログ 祭り・イベントへ
にほんブログ村
by yjj7top | 2010-10-20 23:24 | 雀踊り