2010年 04月 26日 ( 1 )

撞木 製作修行中(その4)

b0074601_21463871.jpg

鹿の角が手に入りました。
今回はけっこう格安(キロ売り)だったのですが、角がひじょうに立派で、太くて先っぽしか撞木に使えません。
撞木造りって、角の太さが重要なんです。一本の角からは思ったよりも限られた本数しか作れないものなのです。

まずは使えるところをマジックでマーキングして柄を差し込む穴を開けます
b0074601_21531031.jpg

その後マーキングに沿って切り分けます
b0074601_21535111.jpg

この順番を間違えると穴あけの時、角を固定できなくて穴あけが大変になります。
この時角の甘い香りが鼻をつきます。
鹿の角は漢方の精力剤だそうな、、この切子を舐めると・・・・?

つづく、、、
by yjj7top | 2010-04-26 21:55 | 雀踊り