2009年 09月 16日 ( 1 )

四ツ谷用水

「どんとロード」のとき、一の鳥居のすぐ奥のたいこ橋、その横に「旧四ツ谷用水」という立て札がありました。
b0074601_21571914.jpg

なんとなく興味が湧きネット等で調べて見ましたら、なんと日本で最初の(一番古い)水道だとか?

大崎八幡神社での説明看板によるとこうです。

旧四ツ谷用水 伊達政宗が開いた城下町仙台は、広瀬川や数多くの湧水などにがあるものの、5~6万人(当時)を前後する人口を満たす水利にはめぐまれてはいなかった。これを解決するため計画されたのが四ツ谷用水である。着工や拡張の経過に関する詳細はふめいであるが、北上川改修などで名高い土木技術者、川村孫兵衛重吉(1574~1648)が築造にあたったといわれ、幕政時代の早期から着手されたとみられる。
 広瀬川の上流の郷六(四ツ谷堰)から取水して八幡、北六番丁を経て梅田川に注ぐ水路が延長7,260mの本流で、そこから何本もの支流や更にその分流へと広がり、市内の要所を縦横に貫流していた。城下住民の生活用水、防火揚水、下水路、そして水下各村の水田耕作などの多目的に利用され、藩と町方と農民が1/3づつを負担して維持にあたった。
 明治維新後は適切な維持管理が行われなくなり、都市の近代化とつりあわなくなって徐々に都市活動との関わりが薄れ、徐々に埋立てや暗渠化が進んだ。しかしこれにかわって始まった下水道の整備は、四ツ谷水道の存在が礎となった。
 現在、水路として生きているのは本流のほか極一部分で、本流も仙塩工業用水道となり水流を見ることはできないが、八幡五丁目~柏木二丁目間付近では古い石積みも残り、往時の姿をしのぶことができる。
仙台市教育委員会


とあります。
このたいこ橋の下がその四ツ谷用水です。
訪れた際はちょっと足を停めて江戸時代の水道を覗いてください。
b0074601_22314056.jpg
b0074601_22315747.jpg

by yjj7top | 2009-09-16 22:33 | 仙台の風景 | Trackback | Comments(0)