2006年 06月 14日 ( 1 )

この清流を守りたい

b0074601_20535491.jpgクラブの仲間から紹介されてガラになく、本を買いました。
「この清流を守りたい・・・秋田・成瀬ダムは必要ですか?」先月行ってきた感動の成瀬川のダム建設についての本です。
図書館で借りるとの選択肢はありましたが、連日のチャリ通勤等であまり本を読む時間が無い為、返却時期を設定されるとプレッシャーで辛いのと、本を買うことでいくばくかの協力と意思表示が出来れば良いなと思い、大枚1.5k叩いて買ってしまいました。

ダム建設地点を実際に目の当りにして、・・・こんな所にダムが必要なのだろうか?・・・と思う人は我々カヤッカーだけではなかったんだなーなんて思ってほっとしました。(ってゆうか、誰が見てもあそこにダムはナンセンスでしょ・・・)
数千億円を掛けての壮大な自然破壊に他なりません!上流にダムが出来ると濁りの取れにくい川になってしまいます。実際先月私が行った日は初日雨の為増水して濁っていた川が、どんどん清流に戻っていたのを見ています。アレが自然の持つパワーなのです。
あの渓谷が、森が巨大な人口貯水池と化してしまう日が近づいています。

私も建設業界に身を置いて20年以上秋田を担当していたので、どうしてこんなことになったのか?どういう構造なのか、だいたい見当はつきます。(多くは語りません)

成瀬ダムは日本の建設業界と役人とごく一部の地元住民の図式の典型(氷山の一角)です。
一度失った自然を取り戻すのは何世紀もかかります。
生意気ですが、このブログを目に触れた方、少しだけ考えてくれたら幸いです。
by yjj7top | 2006-06-14 21:29 | 清流