撞木

b0074601_2212148.jpg

撞木(シュモクと読みます)、鉦を叩く槌のことです。
長丁場の本番中には、夢中で叩いていると折れたり先っぽが外れたりがあるので
鉦を叩く人は予備の撞木を必ず用意するものらしいので旭ヶ丘の「旭屋」さん(楽鼓のメンバーの親戚筋のお祭り用品のお店です)で二本買ってきました。

鉦を叩く部分(先っぽ)は鹿の角でできています
二本予備に買ってきたものの、鉦と一緒に購入した持つ部分が菜箸の撞木が手に馴染んでいて叩きやすいようです
本番まであと9日。。。
by yjj7top | 2007-05-10 22:12 | 雀踊り


<< 汐留ラーメン ヘルメットの臭い消し >>