天竜川、川下り舟転覆事故に思う

川でまた不幸な自己が起こってしまいました
報道で皆さんもご承知と思いますが、静岡県天竜川での川下り舟の転覆事故
不幸にも亡くなってしまったかたがいらっしゃるという報道です

自己の報道でどんな急流か?と想像しましたが、はじめTVニュースで現場の川を空撮した映像を見て、
「こんな緩やかな川で転覆?」
が第一印象でした
その後船から撮った川に近い映像を見ると、渦の他に川面にボイルと呼ばれるモワモワと川底から水面に浮き上がってくる水流が沢山見えました。
コイツはヤバイんです。一見穏やかに見えても川底の形が複雑で、水面下で縦や横に複雑に渦を巻いてる瀬。カヤックはバランスを崩すと船体がすぐに喰われるので出来れば避けて通りたい場所です。
川に投げ出されれば、泳ぎの達者な人でも容易には泳げない水流です。
ましてや事故にあわれた方が御高齢ということで成す術がなかったと想像できます。

このような川の事故で身を守る一番優れたものはライフジャケット(救命胴衣)です。
報道では、着用は勧めるものの、着用は義務づけなかったとのこと。
そして殆どのお客さんが着用していなかったとのことです。
確かに永年に渡って安全でこのような事故が無かったのでしょう
今回の事故は大変確立の低い不幸な事故だったのでしょう
しかし、自然(川)の力を侮ってはいけません。なにが起こるかわかりません
ラフトやカヤックのように沈を前提とした船とは違うとはいえ、我々カヤッカーが川に出るときは必ずライフジャケットとヘルメットを着用するように、お客さんも船頭さんもライフジャケットだけは着けさせるべきだったのではないでしょうか?川に出るための最低限の装備と覆います。
川遊びでの事故の自己責任とは根本的に違い、営業船ということで運航している会社と運転手(船頭)の責任は重大だと思います。

川の事故は無くなることはないと思いますが、正しい知識と道具があれば事故は少しでも少なくなると思います。川を愛する者として、不幸な川の事故は減ってほしいと切に願います。

この事故で亡くなられたかたにご冥福をお祈りいたします。
by yjj7top | 2011-08-19 00:20 | カヌー


<< 国際交流夏祭り 柳家 仙台東口店 >>