チャリ通危険ポイント往路(その1)

b0074601_21234782.jpg

ご存知のようにオイラは出張や飲み会にけっこう邪魔されながらも5年間チャリ通実行しております。
車道走行の意地を通して、かたくなに歩道走行を拒んでの、半ば意地っ張りの車道チャリオヤジを続けております。

車道走行(交通規則ではこれが原則)をしていると、通勤路にもやはり危険ポイントが何箇所か点在しております。オイラの通勤路の(あくまでも自転車にとっての)デンジャラスポイントを紹介します。

まず家を出て国道4号線を南下してすぐ、東北自動車道泉I.C入口(↑写真)。
R4本線は右2車線で、一番左側がI.Cに入る為の誘導路。
誘導路の幅が狭い(普通車がやっと)ので、直進のオイラ(自転車)はゼブララインの右側を走行する必要があります。
I.Cに入る車は「邪魔だなぁ!」
R4本線の車は「何でこっち来るんだヨ!」
自転車上のオイラは心落ち着かせて、周りの車に注意を注ぎながら、ある程度の速度を維持して、
「オレは車両だ!」
と信念を曲げずに通過します。

にほんブログ村 自転車ブログ 通勤・通学へ
にほんブログ村
by yjj7top | 2009-03-10 21:49 | 自転車通勤


<< チャリ通危険ポイント往路(その2) K2号夏用タイヤに履き替えました >>