カテゴリ:仙台の風景( 34 )

あんこやのあんぱん

b0074601_21272170.jpg

仙台駅北側自由通路の名掛町東口付近にある(有)目黒製あん所
昭和初期より三代続いているあんこ屋さんです。あんの量り売りもしてくれます。
お店の入口の張り紙に注目!
「あんこやのあんぱん 手づくりあんぱん販売中」とあります。
なんとあんこ好きの心をくすぐるキャッチコピーだっ!
う~っ、喰いてー!
1ヶ150円って、あ~~っ、喰いてー!
・・・って、まだ喰ってません。そのうち喰います。。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by yjj7top | 2010-04-28 21:38 | 仙台の風景 | Trackback | Comments(6)

THE NORTH FACE 直営店?

b0074601_2241113.jpg

市内の新しいビルの1FにTHE NORTH FACEの看板が?
入口にはお店の名前の看板等はありません。(オープン直前みたい)
直営店っぽいのですが、HPにも発表がありません。
しかもおいらの職場のすぐ近く。。。
・・・気になります。。。

by yjj7top | 2010-03-07 22:11 | 仙台の風景 | Trackback | Comments(5)

名掛町自由通路

仙台駅の北側に駅の西側(表)と東側を繋ぐ新しい通路ができました「仙台駅北側名掛町自由通路」
b0074601_2213582.jpg

この通路はぺデストリアンデッキと直結していて、立体的には地上2階の高さの跨線橋です。
しかし、この自由通路の真下には、昔から名掛町跨線地下道があります。
今日、数十年ぶりにこの地下道を通りました。
もう利用する人も居ないのかと思いましたが、自転車を押して通る人等、思ったよりも利用者が多かったのに驚きました。
自転車で通行するには古い地下道を通るしかないのですが、上の自由通路は本当に必要なのかなぁ?
b0074601_22231592.jpg

↑地下道の入口の上を通っているのが新しい自由通路です。(入口はすぐ隣、地下を通るか、上を通るか)
へそ曲がりのオイラは、昔ながらの地下道が好きだな。自転車も通れるし。。
にほんブログ村 自転車ブログ 通勤・通学へ
にほんブログ村
by yjj7top | 2010-01-12 22:27 | 仙台の風景 | Trackback | Comments(0)

仙台オープン病院

b0074601_2364455.jpg

母が体調を崩して、鶴ヶ谷にある仙台オープン病院に入院しました。
建設当時は幾度となく足を運んだ建物ですが、完成してからは初めて訪れました。
昔と比べると凄く立派な建物になりました!
写真中央付近の屋根に乗ってる(3台見えます)四角睡型の天窓(開閉します)がオイラの会社の製品です。

母は急性胃腸炎との診断で、1週間程で退院の予定で、さほど心配は不要のようで、ほっと胸をなでおろしております。
by yjj7top | 2009-11-27 23:16 | 仙台の風景 | Trackback | Comments(4)

CS開幕

b0074601_226787.jpg

今日からパ・リーグCSが仙台で開幕しました!
↑写真は今日の13時頃のクリネックススタジアムの風景です。
まだプレイボール5時間前なのにボチボチ人が集まり始めています。

第1戦は11対4で楽天の快勝!
この勢いで第1シリーズ突破して日ハムと、今年のパリーグは北海道東北勢、北が強いのです。
悲願の日本シリーズを仙台で行いたいですなー。(大昔ロッテに裏切られたし・・・)
by yjj7top | 2009-10-16 22:15 | 仙台の風景 | Trackback | Comments(2)

仙台懐古地図・・仙台地図散歩(100年前の仙台を歩く)

b0074601_20532277.jpg

先日購入した「仙台懐古地図・・仙台地図散歩(100年前の仙台を歩く)」
大正元年(約100年前)の仙台地図と現在の地図を見開きで比べるという構成。
この道は100年前からあったんだ!あの店も100年前からあったんだ!
ついつい夢中になって見入ってしまいます。
2300円と、ちとお高いですが、その価値は絶対にあります!
仙台人必見です。
b0074601_214625.jpg

by yjj7top | 2009-10-07 21:04 | 仙台の風景 | Trackback | Comments(0)

四ツ谷用水

「どんとロード」のとき、一の鳥居のすぐ奥のたいこ橋、その横に「旧四ツ谷用水」という立て札がありました。
b0074601_21571914.jpg

なんとなく興味が湧きネット等で調べて見ましたら、なんと日本で最初の(一番古い)水道だとか?

大崎八幡神社での説明看板によるとこうです。

旧四ツ谷用水 伊達政宗が開いた城下町仙台は、広瀬川や数多くの湧水などにがあるものの、5~6万人(当時)を前後する人口を満たす水利にはめぐまれてはいなかった。これを解決するため計画されたのが四ツ谷用水である。着工や拡張の経過に関する詳細はふめいであるが、北上川改修などで名高い土木技術者、川村孫兵衛重吉(1574~1648)が築造にあたったといわれ、幕政時代の早期から着手されたとみられる。
 広瀬川の上流の郷六(四ツ谷堰)から取水して八幡、北六番丁を経て梅田川に注ぐ水路が延長7,260mの本流で、そこから何本もの支流や更にその分流へと広がり、市内の要所を縦横に貫流していた。城下住民の生活用水、防火揚水、下水路、そして水下各村の水田耕作などの多目的に利用され、藩と町方と農民が1/3づつを負担して維持にあたった。
 明治維新後は適切な維持管理が行われなくなり、都市の近代化とつりあわなくなって徐々に都市活動との関わりが薄れ、徐々に埋立てや暗渠化が進んだ。しかしこれにかわって始まった下水道の整備は、四ツ谷水道の存在が礎となった。
 現在、水路として生きているのは本流のほか極一部分で、本流も仙塩工業用水道となり水流を見ることはできないが、八幡五丁目~柏木二丁目間付近では古い石積みも残り、往時の姿をしのぶことができる。
仙台市教育委員会


とあります。
このたいこ橋の下がその四ツ谷用水です。
訪れた際はちょっと足を停めて江戸時代の水道を覗いてください。
b0074601_22314056.jpg
b0074601_22315747.jpg

by yjj7top | 2009-09-16 22:33 | 仙台の風景 | Trackback | Comments(0)

野中神社

昨日の神社仏閣廻りの続きではないのですが、先日のまちかど演舞のときに演舞前、連盟と演舞祭連の代表でお参りした野中神社を紹介します。

野中神社のあるところは城下建設にあたって、政宗公が城下の中心点と定めたところであると言われ、町割の縄張に使った縄を集めて土中に埋め、その上に野中神社を祀ったと言い伝えられています。

サンモール一番町の細い路地裏。ビルやマンションの谷間ににひっそりと入口があります
b0074601_21394949.jpg

一の鳥居をくぐって、細い(本当に細い)参道を左に折れて進むと二の鳥居があります。
ココは三方(四方)ビルに囲まれた陽もささないビルの谷間です。
b0074601_21442827.jpg

鳥居の脇にある「ここち」という石。
とにかく触ってみてください。触ったとたん、「萌え~~!」と叫びたくなるほど気持ちイイ!
癒しの触感です。
b0074601_21472368.jpg

二の鳥居をくぐり、階段を登ると小さな御社があります。これが野中神社です。
b0074601_21485819.jpg

毎年6月に商店街をあげての祭礼があります。

昨日紹介した瀬田谷不動尊といい、この野中神社といい、小さな小さな御社で重要な仙台の歴史を背負った神社があるんだなぁ。

by yjj7top | 2009-08-23 22:28 | 仙台の風景 | Trackback | Comments(4)

鉄っちゃんな話

b0074601_220536.jpg

仕事で、仙台市燕沢にある仙台機関区を訪れました。
JRの方のお話ですと、「電気機関車のED(写真↑)系はまもなく東北からは姿を消すので写真を撮るなら今のうちですよ」と伺ったので、オイラ鉄ちゃんでもないのに一枚パチリです!
見慣れた機関車です。コイツが見れなくなるのは何となく寂しいかも?

これからは東北は全てEH(写真↓)系金太郎になるそうです。
b0074601_2264841.jpg

ココは機関車のメンテ工場です。この他にも沢山機関車が居ました。
b0074601_2283774.jpg

ラッセル車も、
b0074601_2295566.jpg

鉄っちゃんにはたまんない処なんだろうなぁ。。。
by yjj7top | 2009-07-03 22:08 | 仙台の風景 | Trackback | Comments(2)

猫カフェ

b0074601_22414573.jpg

職場のすぐ近所に最近オープンした猫カフェ「あいきゃっと
猫好きなオイラとしては、気になるし、すっ~ごく入ってみたい!
んでも、中年のオヤジが一人で入るっつのもなぁ~?
by yjj7top | 2009-07-01 22:47 | 仙台の風景 | Trackback | Comments(4)