自転車通行区分帯なんてこんなもの・・・、

b0074601_21365680.jpg

仙台市内中心部の幹線道路の歩道です。
ここは行政が沢山お金をかけて(と思う)歩行者と自転車を区分して通行するようにこしらえた歩道です。
しかし、ご覧の通り自転車の通行帯に自転車は留めてあるし、車まで駐車しています。
さらに驚くことに写真に写っている駐車車両は交番のすぐ前です。
カメラを向ける前は自転車が数台歩行者の通行帯を駆け抜けていきました。

皆さんルール無視。おまけに警察もまったく無関心で注意などする気無し。
これを造るのに税金がいくら注ぎ込まれたのだろうと思うと情けなくなってきます。
歩道上にこのようなもの造っても日本中こんなもんでしょう。

自転車って?
歩行者の少し速いやづ?
車の少し遅いやづ?

言わずもがな、正解は後者「車の少し遅いやづ」です。
自転車は車両です。歩道にこんなもの造るほうが間違いです。

自転車に乗っているライダー(おばさんや高校生も当然含む)全員が自転車は歩行者の一部ではなく、車両の一部だという自覚が根付かないと写真のような無駄な通行帯は生かされないような気がします。

にほんブログ村 自転車ブログへ
by yjj7top | 2008-07-10 22:02 | 自転車 | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : http://yjj7top.exblog.jp/tb/9018687
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by gypsy-joe at 2008-07-10 22:07
昨日の朝、私に迷惑をかけた高校生は、自転車を
「歩行者の少し速いやづ」
と思っていたので、その場で罵倒してやりました。


<< 明日は山サイ、準備完了! レーシングジャージ2点落札 >>