お奨めの2冊

b0074601_21184970.jpg

最近読んだ本です。
チャリ通しているとあまり本を読む時間がない(オイラの読書時間は主に地下鉄)が、それでも気になる本はチェックして読んでます。
今日紹介する2冊はぺダリストには是非読んでもらいたい秀作です。

まず一冊目は朝日新聞社刊、疋田智著「それでも自転車に乗り続ける7つの理由」
今の自転車を取り巻く日本の環境が全て解る一冊です。特筆すべきは後半の一昨年から昨年の春までの一連の警察庁との「自転車は何処を走るの?」騒動の一部始終が載っています。
激化する警察庁とのやり取りを当時はオイラも手に汗を握って毎日疋田氏のメルマガに注目していました。そのメルマガや疋田氏の著した月刊誌のコメントの全文や警察資料も全て載っていて、弱いもの(オイラ達自転車人)の団結が勝利する顛末が全て記載されています。
読み物としては結構ゲップが出るほどの量ですが、自転車人は絶対読んで欲しい一冊です。

二冊目はNHK出版生活人新書、斎藤純著「ぺダリスト宣言!40歳からの自転車快楽主義」
本屋でペラペラと捲ったら著者が盛岡在住だという。オイラも永いこと盛岡に住んでいて、大変好きな街という理由だけで買ってしまった。
今まで自転車に関するこの手の本の多くは東京に住んでる著者がほとんどで、大都市目線での自転車考が多かった。しかしこの著者は、お隣岩手県の盛岡市という地方都市からの目線(車は必需品)で自転車を考えてる。自転車の選び方や必需品。果ては自転車の歴史など、自転車初心者にもお奨めの一冊です。

しかし、最近の自転車ブームも異常だと思うが、↑の2冊の著者も40代。そして、この自転車ブームを引っ張っているのは実は40代50代のおんつぁん世代なのです。オイラだってその世代のドップリど真ん中。
若けー衆、もっと元気だせー!

にほんブログ村 自転車ブログ 通勤・通学へ
by yjj7top | 2008-02-12 21:54 | 自転車 | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : http://yjj7top.exblog.jp/tb/8047295
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by gypsy-joe at 2008-02-14 20:46
昨日と今日は、私も電車通勤で読書でした。
じっくりと活字を読む時間って、貴重ですよね。
ジテツーで失った数少ないモノです(^_^;)
(得るものの方が何倍も多いので、後悔は無いですが)


<< ボトル・・・ SOREL Calibou >>