鴻運楼の酸辣湯麺

b0074601_19465756.jpg

先日このブログで紹介した「仙台ラーメンチケット」を使って昼飯を食おうと思ってチケット本を良く読んでみるとチケットを使える時間に制限があるお店が多いことに気が付いた。
職場の近くの「めん家竹治郎」や「麺匠ぼんてん」は本に載っているがランとタイムは使えないので、次の頁に載っていた鴻運楼はランチタイムも使えそうなので行ってみた。
本を出して注文すると「すみません、平日は使えません」「・・・」

しかたなく、メニューを見るとオイラの好物の酸辣湯麺が当店人気No1と書いてあったので注文。
出てきたのが写真。
オイラのイメージていた(今まで食った酸辣湯麺)のは見た目がもう少しラー油で赤いイメージ。だって酢の酸味とラー油の辛さが酸辣湯麺の醍醐味でしょ?

まずはレンゲでスープを賞味。とろみの利いたあんかけは酸っぱくてGood。しかし辛味は?
箸で麺を穿り返して食べてみると、あれっ、良い辛さ。
思いっきり麺と底のスープをかき混ぜて食べるとなかなか辛い。
食べ進むにつれて、酸っぱさと辛さが押し寄せてきて、汗が止まらない!
なんという旨さだ!
これまで食べてきた酸辣湯麺のなかでもベスト3に入る旨さ!
けがの功名。チケット本のおかげで酸辣湯麺の旨いお店発掘でした。
by yjj7top | 2014-12-04 20:15 | ラーメン | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yjj7top.exblog.jp/tb/23832208
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 振り返ると 盛岡出張 >>