警察からの返答

先週の出来事の件で、とおりすがりのロード乗りさんのアドバイスを参考に宮城県県警のHPより投稿ホームでこのことを投稿しておりました。
そして今日、仙台北署より電話がかかってきました。

20分近い永い電話でしたが、骨子は下記の通り
警官の指導は適切さを欠いていた。
最近の道路交通法はH20年6月に改正になったが、警察官の指導内容とは違っている。
この区間は自転車は車道を走行しても、歩道上の自転車通行帯を走行しても間違いではない。道路状況で判断して走行してください。
という内容で、オイラのことを○○様(正々堂々本名で投稿しました)と呼んで終始低姿勢で誠意ある対応だった印象です。

なんともなぁ、こんなに低姿勢で謝罪のTELしてくるのは評価できるとしても、
あの警察官の高圧的な態度はなんだったんだ?
指導する立場の方がこれではなぁ?
すっきりしたような、しないようななんとも歯がゆい気分です。

しかるに、オイラの通行していた車道通行は結果的に正解であり、無法警官に注意指導されるものでは無いということが解って安心した次第です。

にほんブログ村 自転車ブログ 通勤・通学へ
by yjj7top | 2012-01-25 22:56 | 自転車通勤 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://yjj7top.exblog.jp/tb/17683237
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by pfx at 2012-01-26 11:40 x
もし、同じ場面にでくわしても… 制服には逆らわない事をお勧めします
制服という蓑を着た方々は、制服という権力に陶酔しています…
「先日こんな回答をもらった・・・」なんてのは通用しないと思って、とにかく安全運転!スピードは控えめ!不条理な権力に屈するのはシャクです!が、しかし一時の辛抱をお勧めします。
Commented by yjj7top at 2012-01-26 21:56
Pfxさま
ご助言ありがとうございます!
そうみたいですね?今後もも気をつけます
Commented by とおりすがりのロード乗り at 2012-01-26 23:33 x
yjj7topさま、先日はご挨拶もなしにいきなりコメントを入れて失礼いたしました。いつも楽しくブログを拝見させていただいております。
私の場合も交通指導員に自転車に関する道交法を守っているにもかかわらず何度か注意され、yjj7top さんと同じようにメールで抗議し、その後同じく警察署から低姿勢で電話がかかってきました。そのときの言い訳は、自転車に関する道交法は複雑でわかりにくいので交通指導員も間違った注意をしてしまったのではないか、といっておりました。
交通指導員が間違った指導をしたら一般市民が間違ったルールを信用してしまう恐れを懸念しております。
また、私の経験上、交通指導員は自転車に関する道交法を知っている人は少なく、自分の経験や思い込みで判断して指導している人が多いようです。このような不条理な状況にあったら県警にメール等で抗議し、自転車の環境が少しでもよくなることを望んでいます。
今後もちょくちょくお邪魔させていただきます。
長文失礼しました。
Commented by yjj7top at 2012-01-28 21:33
とおりすがりのロード乗りさま
オイラの場合もまったく同じでした
道交法は複雑でしょっちゅう変わるので間違えたのダロウ・・・と、
しかし、警察官といえばその辺を誰よりも周知していて正しい決まりを指導する立場なのでは?
「間違ってました」では済まされないような気がします。


<< デスクの小物 なんとなく、ほのぼの。。。 >>